結婚指輪、買うとき何を重視する?

結婚指輪は毎日つけたい。

結婚指輪はマリッジリングと呼ばれ、結婚の証としてカップルで交換するのが一般的です。婚約指輪はダイヤモンドなどの石が付いていますが、通常石の付いていないシンプルなデザインが多いように見受けられます。結婚指輪の丸は、”途切れることの無い夫婦の愛情”を象徴すると言われています。そんな神聖な意味のある指輪は出来れば毎日つけたいですよね。 毎日つけるとなると、やはり家事や育児などの日常生活の邪魔にならない、シンプルなデザインが重要ではないでしょうか。素材もシルバーでは錆びたり、変色することがあるので、金やプラチナ、ホワイトゴールドなど錆びにくく、丈夫でキズが付きにくい素材であることも大切です。シンプルかつ良質な素材を重視するのが良いでしょう。

結婚指輪の意味って?

結婚指輪はどの指にはめるかと聞かれたら、即答できるでしょうか。男女ともに左薬指にはめるのが一般的ですよね。でも、どうして左手薬指にはめるのでしょう。日本では指輪をはめるという習慣は比較的新しく、明治時代以降に徐々に定着したと言われていますが、西洋では古くから男女ともに指輪をはめる習慣があったようです。そして、なぜ左手薬指にはめるのかは所説あるようです。 左手薬指が心臓に一番近く繋がっていて、その指にはめることで永遠の愛を象徴しているとも言われています。その他には、左手薬指が一番動かすことが少ないので、指輪をはめていても邪魔にならないと言う説もあり、実用的で納得のいく理由ではないでしょうか。毎日つけていれば、はめていることも忘れるくらい指に馴染む来る日が来ることでしょう。

結婚準備とは、結婚式を挙げるために必要になるものの計画を立てることです。式場探しや、招待客のリストアップなどをします。